健康スポーツ学科

見出し

2年制・男女・定員40名
◆スポーツインストラクター・トレーナーコース◆スポーツビジネスコース

【目指す職種】
スポーツインストラクター/スポーツトレーナー/スイミングコーチ/スポーツショップ店員など
スポーツトレーナー、幼児体育指導員、スポーツインストラクターを目指し、基礎科目の解剖学・生理学・栄養学などから身体の構造や機能を理解し、応用科目の運動生理学・スポーツ栄養学、バイオメカニクスなどより深く学びます。
卒業と同時に、「日本体育協会公認スポーツリーダー(スポーツ指導基礎資格)」を取得可能!

見出し

スポーツ系の専門教育のほかに、スポーツ社会学スポーツ経営学の勉強、さらに、パソコンの操作方法社会人マナーまで、卒業後も見据えて、社会人として必要なカリキュラムを組んでいます。

見出し

実際の現場を見るスポーツ観戦実習、プロバスケ球団(富山グラウジーズ)と提携したトレーナー実習、社会人ラグビーチーム(SAMURAI SEVEN)や大学トップスイマーへのトレーニング指導実習もあります。

平成26年度 健康運動実践指導者 合格率

今年度(平成26年度)本校の健康運動実践指導者
合格率90%を達成!(全体の合格率58.5%)

特徴

運動指導だけでなく総合的な指導を目指す!

プロの講師陣
個々人の体力、性格、ライフスタイルを総合分析して、各人にあった健康指導のできる指導者の育成が、本学科の目的です。その根拠となるのが健康科学であり、幅広い視野で健康をとらえ、従来の運動指導のみのインストラクターと違って、より総合的な指導を目指しています。

運動+栄養+休養=ベストコンディション

本学科では、運動に関する知識と実技を中心に、栄養学や心の科学などを系統づけて学べるようになっています。

即戦力になるための、実践教育!

プロの講師陣
 学校では、基本と応用を勉強。学内実習、学外実習で段階をおって実践を学び、社会に出た際に即戦力として活躍できるよう授業カリキュラムが組まれております。

 また、プロバスケットボールチームとの提携を機に、連携教育を実施。インターンシップとして、トレーナー実習や、試合運営に係わるスポーツビジネス実習も行います。

 附帯施設スポーツセンターで行われる学内実習では、スポーツジムで働く際のノウハウを伝授。大型スポーツ店での実習なども行われています。

見出し

見出し

どんな勉強をするの?

カリキュラム

サンプル画像1
専門性のある授業以外にも、社会人としてのビジネスマナーの授業など、即戦力として活躍できるようカリキュラムを組んでいます。

資格

サンプル画像2
「健康運動実践指導者」を目指しながら、その他運動に関する多種多様な資格を取れるようにバックアップをしています。

進路について

就職

サンプル画像1
昨年度は就職率97%!現場実習や個別面談など就職バックアップをしています。

進学

サンプル画像2
4年制大学への編入学が可能!教員免許を取りたいなどの学生のために編入対策を行っています。