病気の治療は食事から

2016年1月22日 授業風景

本日から期末試験が始まりました。
年度最後の締めくくりです。学生の皆さん頑張りましょう!

さて、今回は栄養士科2年生の授業『臨床栄養学実習』をご紹介します。
この授業では病気の人に対する栄養管理について学びます。

先日の授業の様子を拝見!

まず献立作成を行います。

・糖尿病食
・コレステロール制限食
・メタボ改善食
・腎臓病食
以上の4つの献立を作成。

献立作成には様々な設定・制限があります。

これをみると「病気の人ってたくさんの制限があって大変。。。」と思いがちですが、
糖尿病食を例に挙げると、実はとてもバランスのとれた食事なのです!
「多くの制限がある食事」というよりも「きちんとしたバランスの良い食事への改善」という意識をもつと、病院食(特に生活習慣病に対する)に対しての意識も変わると思います。

加えて、今回はなんと食材指定も!!

学生それぞれが献立作成を行い、その中から選択した献立を実際に調理しました。

完成した食事の一部をご紹介します(^ ^)

【糖尿病食】→バランスのとれた食事(特に極端な制限はなし)

・鮭のチャンチャン焼き
・シャキシャキ野菜サラダ
・ほうれん草としいたけのすまし汁

【コレステロール制限食】→バランスのとれた食事+コレステロール制限

・鮭のあんかけ
・きんぴらごぼう
・ほうれん草と卵のすまし汁

【メタボ改善食】→バランスのとれた食事(特に極端な制限はなし)

・茹で豚肉の酢みそかけ
・白和え
・人参と大根のすまし汁

【腎臓病食】→たんぱく質・塩分制限+エネルギーをしっかり摂る

・豚肉と野菜の生姜焼き
・大学芋
・卵としいたけのお吸い物

豚肉の量は少なくなっていますが、大学芋でエネルギー摂取を意識していますね。

そしてもう1つの実習として、お弁当の解析を行いました。

こちらは、某コンビニのミックス弁当(858kcal)

このお弁当を分解して重量をはかると。。。

野菜の少なさと衣も多さが一目瞭然。
コロッケは、なんと具より衣の方が多いのです。
なにげなく完食してしまうご飯の量も、約240gと多めです。(茶碗1杯は約150g)

こちらは某コンビニのカツカレー(935kcal)

こちらも分解!

同じく衣の量が多いですね。。。

お弁当を分解することで発見があり、外食やコンビニ弁当の選び方も変わると思います。

机上の講義だけではなく、実習で実際に目でみることによって
より理解度が高くなるでしょう。

全ての授業も終わり、いよいよ卒業が近づいてきた2年生。
学んだことをぜひ現場で活かしてください!!

本校に興味のある方は、お気軽にご連絡ください。お待ちしております!

topに戻る
オンライン&来校型オープンキャンパス開催! オンライン&来校型オープンキャンパス開催!
資料請求