知識から実践へ

2016年1月8日 授業風景

新年あけましておめでとうございます。
本年も、皆様にとってすてきな1年になるようお祈りしております。

本校の学生は授業開始日から「あけましておめでとうございます!!!」と元気いっぱいに挨拶してくれました。

元気の良い挨拶は、する方もされる方も気持ちが良いですよね。
学生には2016年も元気に充実した学校生活を送ってもらいたいと思います。

このブログでは、引き続き学生の様子をお知らせしていきます!本年もよろしくお願いいたします。

さて、本校では2年間という限られた時間で、知識として学んだことを実践し、自分で扱えるレベルまで高めることを、学ぶ上での目標としています。

今回はそのひとつの例として、「トレーニング」に関する授業をご紹介します!

運動の指導者として大切なことはたくさんありますが、
特に、相手に「正確な見本を見せる」ことや「適切な補助をする」こと、「対象者のレベルに合わせた運動を提供する」ことは、安全かつ効果的な運動を行う上で絶対に身につけておきたい要素となります。

そのため、本校にはトレーニングについて学べる授業が多く組み込まれており、指導者としての基本を体で覚えられるようになっています!もちろん科学的根拠も勉強します。

どこの筋肉を使っているか、どのようなフォームで行うと力が入りやすいか。座学で学んだことを体感的に覚えていきます。

順番を待っている学生もボーっとしてはいられません。先生がどのように指導しているのか、その指導によって相手はどのように反応が変化していくのか。

観察することから得られることもたくさんあります。頭も体もフル回転ですね!

次のステップは、学んだ知識を相手に合わせてどのように処方していくかを考え、メニュー作りを行います。

対象者を設定して、メニューを作って…

実践です。

メニューを立てるだけでなく、自分で実施してみることで、自分の立てたメニューは、どうだったのか振り返ることができます。

具体的には…
「同じ部位ばかり使っていないか」
「危険な動作はなかったか」
「効果が出る内容だったか」
「対象者に合った内容だったか」 などなど。

相手に提供する前に自分で試してみることで、相手の期待に応えられる内容になっているか確認することができるのですね。

今年度の授業も残すところあと数回。最後まで気を引き締めて頑張っていきましょう!!

学校説明会は随時受け付けております。ご興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね!

topに戻る
オンライン&来校型オープンキャンパス開催! オンライン&来校型オープンキャンパス開催!
資料請求