エアロビック技能検定会

2015年12月11日 資格試験

先日、今年度2回目になるエアロビック検定会が開催されました。

前回は、夏真っ盛りの8月に開催。
健康スポーツ学科は、中級段階の3級を受検。
栄養士科は、初級段階の4級にチャレンジ。

スポーツを仕事に!健康を仕事に!と考える学生にとっては、エアロビック(音楽に乗って動く)の技術力を高めるために4か月間練習を積み重ねてきました。

ここで、~エアロビック豆知識~
エアロビックの起源は、1967年米国のケネス・H・クーパー博士の「エアロビクス」という運動処方理論にあります。当時、アメリカの死因第1位は心臓病であり、健康増進運動へのニーズが高く、わかりやすいエアロビクス理論と科学的に裏付けされた「健康体力づくりプログラム」として評価され、世界的な規模で急速に普及してきました。
日本でも健康づくりや美容など日常的に親しまれている他、子供たちの学校スポーツとしても行われるなど、世代を超えて広がってきています。また、2015年の介護法一部改正を期に、トレーナー・インストラクターが介護予防をはじめとした地域の健康づくりに携わる機会が広がりつつあります。

さてさて、検定会の様子は

今回も検定員に、田中 舞先生をお招きして開催。
まずは、にこやかにウォーミングアップ。

細かな脚さばきなど、最終確認!  真剣な眼差し☆

本番!!!!がんばれ~

いよいよ、本番。

初めは緊張の面持ちでしたが、徐々に緊張がほぐれ、笑顔満開の学生たち♪
それぞれ、力を十分に発揮できた様子。

結果は、、、、、

全員合格♪

おめでとう~~!

合格がゴールでなく、ここからがスタート!!!!

本校では、プロフェッショナルな指導者を目指すために、必要な技術や指導力、また知識を学ぶことができます!!

随時見学を受け付けております。興味をお持ちの方は、ぜひお越しください。
お待ちしております!

topに戻る
オンライン&来校型オープンキャンパス開催! オンライン&来校型オープンキャンパス開催!
資料請求