食べることはトレーニング!?アスリートごはんとは?

2015年11月9日 実習報告

7人制ラグビー日本代表が“オリンピック出場”を決めましたね!!


ラグビーワールドカップ2015での日本代表チームの活躍に興奮冷めやまぬまま、初めてオリンピック競技になった“7人制ラグビー”のリオ五輪出場。感動をもらった方も多いのではないでしょうか。

アスリートは、試合で最高のパフォーマンスができるよう、日々トレーニングや練習を行っています。本校では、そんなアスリートたちに“栄養サポート”をしています。

今回は、その一部をご紹介いたします。
2012年8月プロバスケットボール選手に「糖質強化食」を提供!
汁物に素麺を入れて、ご飯だけでなく、あっさりと糖質が摂取できるように工夫した食事です。

2013年8月プロバスケットボール選手に「脂質を抑えた食事」を提供!
ポテトサラダに使用するマヨネーズは、ヨーグルトで伸ばし脂質を抑えました。
また、外国人選手にも食べやすいよう、和食と洋食を選べるよう提供方法にも工夫しました。

2014年3月男子7人制ラグビーチームに「糖質強化食」を提供!
食事の場はコミュニケーションの場。鍋を囲み、選手がコミュニケーションを取れるよう工夫しました。

牛丼とうどんを提供し、たんぱく質はもちろん、糖質が取れるよう工夫しました。

2014年5月某強豪大学水泳部に「アスリートの基本の食事」を提供!
学生寮(自炊)やひとり暮らしの学生が多くいたので、バランスの良い食事を提供し、学食やコンビニ食での食事の選び方などを紹介しました。

2014年12月タッチラグビー女子日本代表チームに「鉄分強化食」を提供!
タッチラグビーの競技性を考え、たんぱく質はもちろん鉄分やカルシウムを強化するため、ごまプリンや鶏の豆みそ焼きを提供しました。


2015年3月タッチラグビー男子日本代表チームに「糖質強化+脂質を抑えた食事」を提供!
W杯の試合直前ということで、脂質を抑えた鶏丼と消化がよくすぐにエネルギーに変わるバナナで糖質を強化しました。

2015年6月女子アイスホッケーチームに「脂質を抑えたカレー」を提供!
市販されているカレーは脂質が多く含まれているため、カレールーをいちから作り、本校オリジナルの脂質を抑えたカレーを提供しました。

2015年10月某強豪大学水泳部に「水泳選手に選んでほしい食事」を提供!
糖質と鉄分を強化、カルシウムが取れるよう意識した食事を提供しました。

アスリートが食べる食事は、試合期、トレーニング期など、時期や競技特性を考え、必要な栄養素を食事で摂れるよう献立を作成しています。

「食べることはトレーニング!」の意味がわかったでしょうか?このようにアスリートに対して食事を提供していますが、これらの食事は学生が作っているのです!

これからも、選手が試合で最高のパフォーマンスができるようサポートしていきますので、将来アスリートをサポートしたい方、本校で勉強しませんか?見学会や学校見学も行っていますので、この実習の詳細をお伝えしますね。ご予約お待ちしております!

topに戻る
オンライン&来校型オープンキャンパス開催! オンライン&来校型オープンキャンパス開催!
資料請求