ブログ

スポーツの秋〜その2

その他
秋の深まりを感じさせる今日この頃。
野外スポーツが心地よい季節になりました。

前回に引き続き、学生の校外活動をご紹介します!

先日「全国専門学校対抗陸上競技大会」に健康スポーツ学科の学生が出場しました。

会場は江戸川区陸上競技場


今大会の競技種目15個の中からエントリーしたのは、
★やり投げ
★800m
★110mハードル

まずは、フィールド競技のやり投げからスタート。


やりの重さは、男子が800グラム、女子が600グラム。長さは、男子が2.6~2.7m。
角度約29度のラインの内側に落下したものだけが有効です。

やり投げでは、身体能力はもちろん「力学」が必要不可欠。
例えば、投射速度や投射角度、やりの迎え角度や空気抵抗などなど。

力学や解剖学を学ぶ必要性が、競技をしていると身に染みて大切なことに気づくことができます。
授業のバイオメカニクスや運動生理学で学んだことを、アウトプットするよい機会になりました。


続いては、トラック競技の800m

中・長距離を経験しているランナーたちが口をそろえて「最もキツイ競技」と語るほど。

無酸素運動と有酸素運動が行われ、最初の200mで最大乳酸閾値の70%に到達し、ラスト300mでは、乳酸漬けになった全身にムチを打って駆け抜けます。

最後まで力を出し切り、よく走りました!!

お疲れさまでした。


そして、最後は110mハードル。


ハードルの高さは1.067m
10台のハードルが設置されています。

聞くと、観るとでは大違い。その高さとスピードの迫力に圧倒されます。


やはりスポーツは、ライブで観戦するのが一番!!!
【ベスト進学ネット】東京健康科学専門学校紹介ページ
https://www.best-shingaku.net/senmon/school865/