ブログ

もうすぐひな祭り♪

日常風景
今年も早くも2ヶ月が経過しようとしています。

3月になると、すぐにひな祭りがやってきます。

年の行事が近づくと、特に子供のころはワクワクしますよね♪
それぞれの行事ならではの料理によって、食卓が華やかになります(^ ^)

そこで、今回はひな祭りの食事についてご紹介したいと思います!

ひな祭りの代表的な行事食といえば、

・ちらし寿司
・ハマグリのお吸い物
・菱餅
・白酒
・ひなあられ

などが挙げられます。


【ちらし寿司】




ちらし寿司に使われている具材には、それぞれ意味が込められています。
・エビ   『腰が曲がるまで長生きできますように』
・レンコン 『先が見通せるように』
・豆    『健康でまめに働き、まめに生きる』

縁起の良い具が祝いの席にふさわしく、三つ葉、卵、人参などの華やかな彩りが「食卓に春を呼ぶ」ということで、ひな祭りの定番メニューになっています。
ちらし寿司には沢山の具を使用するので、『一生食べ物に困らないように』という願いも込められています。他にも、菜の花は春らしさを表すのでちらし寿司に加えると、春の季節のお祭りにぴったりの華やかさになります。


【ハマグリのお吸い物】



ハマグリは、平安時代には「貝合わせ」遊びなどで知られ、ひな祭りの代表的な食べ物です。ハマグリなどの二枚貝は、対になっている貝殻でなければぴったりと合わない事から貞操を象徴し、『一生1人の人と添い遂げるように』という願いが込められた縁起物です。盛り付けるときには、開いた貝の両側にそれぞれ身をのせ(1つの貝に2つ分の身をのせる)、将来の幸せを祈っていただきましょう。


【菱餅】



3色の餅を3段に重ねて菱形に切ったものが菱餅です。もともとは、古代中国の上巳節で食べていた母子草のお餅で、『子どもが健康であるように』との願いが込められています。その後、江戸時代に菱を入れた白い餅が加わり、明治時代にくちなしで作られた赤い餅を合わせて、 現在の3色のお餅になりました。
それぞれの色に込められた意味の諸説はいくつかありますが、代表的な諸説を紹介します。

・赤 → 「魔除け」・「桃」を意味し、食材は「くちなしの実」が使用され、くちなしの実は「解毒作用」があるといわれています。
・白 → 「清浄」・「雪」を意味し、食材は「ひしの実」が使用され、ひしの実は「血圧降下作用」があるといわれています。
・緑 → 「健康と長寿」・「大地」を意味し、食材は「よもぎ」が使用され、よもぎは「造血作用」があるといわれています。


3色合わせて『雪が溶けて大地に草が芽生え、桜の花が咲く』という意味が込められているという説もあります。


【白酒】



もともとは、桃花酒という薬酒が飲まれていました。桃には、『邪気を祓って気力や体力を充実させる』効果があり、桃の花で作られた桃花酒を飲んでいたようです。江戸時代からは白酒の方が人気が出てきて、現在では桃花酒の代わりに白酒が飲まれるようになりました。しかし、白酒には10%前後のアルコールが入っているので、子供は飲めません。そこで子供には、白酒に似ていてアルコールが入っていない甘酒が飲まれるようになりました。


【ひなあられ】



ひなあられは、揚げたり炒ったりした餅に砂糖を絡めて作られたひな祭りの代表的な和菓子のひとつです。桃・白・緑・黄の4色から作られていてそれぞれが四季を表現しているという説と、昔は菱餅を砕いて作ったので3色になったという説があります。どちらの説にも共通して言えるのが、『一年中娘が幸せに過ごせるように』という願いが込められています。

このように、ひな祭りに並ぶ料理には、娘の成長と幸せを願う親の愛情がたくさん詰まっており、縁起の良い意味が込められています。
ぜひ、縁起の良い行事食を取り入れて、家族で子供の幸せを祈りながら楽しいひな祭りをお過ごしください♪



まだまだ本校では、見学を受け付けております。
興味のある方は、ぜひお越しください。お待ちしております。
【ベスト進学ネット】東京健康科学専門学校紹介ページ
https://www.best-shingaku.net/senmon/school865/