総合講義~専門家になる前に~

2017年6月30日 授業風景

ジメジメな毎日ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
個人的には梅雨の時期が苦手です”(-“”-)”。ただ、Everyday四季を楽しもう!と自身に言い聞かせています笑。

今回は「総合講義」という授業についてご紹介します(^^)/
当校では、初年度教育として様々なジャンルで活躍されている方を講師としてお招きして、専門教育を受ける前に、様々な視点から「健康」について学ぶ機会を作っています。

もちろん、他の授業では専門家として栄養、運動についてしっかり学んでいますよ(・∀・)‼
ただし、専門家といえど限定的にならず、いろいろな視点を持つことは重要なのです(・ω・)ノ‼

では、授業の一部を、順不同でご紹介しますね。

前回は卒業生にお越しいただき、実際の仕事について伺いました。

栄養士の仕事はとても魅力的ですね。大変さも、やりがいも教えていただきました。

次回以降は、卒業生でスポーツ栄養士として活躍する方に、スポーツ業界についてをお話をしていただきます。

さらに国際薬膳調理師の先生から「薬膳」についても学んでいます。東洋医学的な視点を持つことは、意外と大事かもしれません。

ほかにも医師、高齢者福祉の施設長、現役プロスポーツ選手、大学教授、会社経営者など、本当に様々なジャンルで活躍されている方に講義していただいております。

分野は違いますが、各ジャンルで活躍されている方が考える健康について学ぶと、いろいろな発見がありますね。
どこで、なにがリンクするのか。授業を受けてみないとわからないと思いますが、専門の勉強を重ねていくうちに、この授業の意義が深く刻まれると思います。

<学生へメッセージ>
栄養、運動の両方を学び、正しい健康づくりの指導者を目指すだけではなく、様々な視点を持ち、多角的に物事を見られる栄養や運動の指導者になってくださいね。
スペシャリストにとどまることなく、プロフェッショナルになりましょう!!

topに戻る
オンライン&来校型オープンキャンパス開催! オンライン&来校型オープンキャンパス開催!
資料請求