学内実習始まりました!

2016年5月20日 実習報告

健康スポーツ学科2年生の学内実習が始まりました。

付帯施設ウエルネススポーツセンターにて行われている実際のクラスで指導者として受講者の前に立ちます。

1年次も様々な実習を行ってきましたが、自身の技術力向上や体験型が中心でした。
今回の実習は、その吸収した経験や学習を活かして実践する目的の実習!!

いよいよ、2年間の総仕上げに入って来ました!

さて、ウエルネススポーツセンター受講生の年齢は、6ヶ月の乳児から80歳の方までと幅広い世代がいらっしゃいます。
その世代にあった指導内容や言葉掛けが必要とされます。

先日、親子水泳(6ヶ月~3歳までの子供とその親)に参加したが学生からこんな感想が挙がりました。

Sくん
「日頃の水泳教室のアルバイトや、前回のウインタースポーツ実習では、幼児~学童に接している機会があり、今回の実習には自信がありました。しかし、親子教室に入って衝撃を受けました。子供(乳児)には、意思の疎通をとるのが難しく、親御さん(ママ)との会話もどのようにとったらいいのかわからず、ただ時間が過ぎてしまいました」

まさに、対象者が変われば対応が変わる!

今回、学生の指導にご尽力いただいているウエルネススポーツセンターの指導員からのアドバイスは、

①「習うより慣れろ!」まずは、慣れる!体感することが大切。
②「誠実に!」年齢に関わらず、人間として誠実な心を持って接することが何よりも大事。その心は、伝わる。
③「その教室の5Wをしっかり抑えること!」

指導の大原則「5W」とは、
who:誰に(対象者)
why:なぜ(学習目的)
what:何を(学習内容)
When:いつ(時期/学習段階)
Where:どこで(場所)

改めて、講義で学んだ内容が現場で活きてきます。
Sくんは、日々勉強だなと改めて刺激を受けた様子でした。

スポーツ指導とは、「人と人」

基礎的知識あってこその指導。
さらに、何よりも人間性が大切!!

本校では、本物の指導が体験できるカリキュラムが組まれています。
ぜひ一度、熱い講師、熱い学生のいる学校に見学にきてください!

topに戻る
オンライン&来校型オープンキャンパス開催! オンライン&来校型オープンキャンパス開催!
資料請求