サンプル画像

本校における感染症対策

見出し

入校時(学校入口に設置)

体温測定&マスク着用確認

体温測定
カメラに顔を当てるだけで計測できる体温計を設置。同時にマスク着用の有無も判定します。入校者全員(教職員、学生、来訪者など)チェックを行います。

足裏の消毒

足裏の消毒
入校時に足裏の消毒も行います。マスク着用、手の消毒はもちろん、外部からウイルスや菌を持ち込まないよう最善を尽くします。

見出し

校舎内(様々な対応)

定期的な設備消毒

設備消毒
教室であれば、ドアノブや机、椅子など手が触れる場所は定期的に消毒を実施しています。手の消毒は個人にお願いしますが、施設の消毒は教職員で対応しています。

窓開放による常時換気

常時換気
一部の窓を常時開放して換気を促します。教室も一部のドアを開放して授業を行っています。マスク・フェイスシールドを着用した講師の声が聞き取りやすくなるようマイクも活用しています。

見出し

校舎内(様々な対応)

机の距離を広く保つ

体温測定
受講できる人数を制限して、机と机を離しています。物理的なところからソーシャルディスタンスを促すよう工夫しています。

受講できる人数を制限

受講できる人数を制限
クラス内で班分けを行い、教室内に集まる人数を制限しています。ソーシャルディスタンスを保ちながら、教育の密度は高めています。

本校独自のガイドラインを制定

本校独自のガイドライン

サンプル画像
文部科学省など行政のガイドライン遵守に加えて、本校独自のガイドラインを制定。近親者に感染疑いがでた場合の対処や、出校停止手続きなど教職員が連携して対応します。学生個人との連絡ツール開通や担任による各種フォローなどオンライン授業と対面式授業の両立を図るべく日々工夫を重ねています。